カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
OFF NOTE CD NET SHOP
off note  DISC AKABANA  Katyusha MISORA RECORDS
〈オフノート/ディスク・アカバナー/華宙舎/ミソラレコード/邑楽舎〉CD通信販売
INFO
TEL 03-5660-6498   MAIL info@offnote.org 
[お支払方法]
郵便振替・銀行振込・代金引換・クレジットカード・コンビニ・電子決済
送料無料

記忘記 note/off note 2019-02-12


かつてエミグラントという音と言葉をめぐる冒険があった。それを知るものは、何人かの当事者たちとそこに居合わせた数えるほどのひとたちだけだろう。だがそれでいい、この音楽は現象面では刹那刹那にあらわれたりきえたりする「因果交流電燈のひとつの青い照明(ひかりはたもち その電燈は失はれ)」なのだから。またどこかでひかるかもしれぬし、出逢えるかもしれぬ。ただ、ここに収めた原初の言葉と音の一群「夢の隊列」は生滅を繰り返しくり返しながら転回し展開しつづけるのだ……。 2019.2.12

MEMO 未生音 2018

2001年、オキナワでおこなった二日間のライブの模様を収めた作品。ここに集結したジャンルも世代も拠点も異なる5人のエミグラントたち。思えばこれほど不思議な集いもないだろう。渡辺勝は東京から、川下直広は福岡から、船戸博史は京都からやって来て、そこに地元オキナワの城間和広が合流し、それまで一所不在だった伝説の音楽家・國仲勝男まで加わったのである(なんて非効率なんだ!)。ゆえに、この編成はけっして「バンド」とは呼べない、一個の音楽家の集合なのだとおもう。ならば、一夜かぎりのジャムセッションか、と問われれば、それにもまた素直に頷くことができない。なぜなら、当の音楽に意志が宿り、カタチを変えながらもエミグラントたちの「夢の隊列」は熄まずに延々とつづくことになるのだから。だが、ここで肝心なのは「容れもの」ではなく、「中身」の音楽であるはずだ。わたしはかつて、本編の主役・渡辺勝の紡ぐコトバのありようと、ここで実現した音楽の連関性についてこう綴った。

 ことばとコトバを繋ぐもの。彼の詞にはいつも何かが足りない。ことばはコトバへ至る中間でいつも宙吊りのままだ。コトバの領域。意味を超えた場所。其処こそ彼が紡ぐ詞が渇仰する「響和国」だ。ことばたちはきっと安住の地に辿り着きたくて幾度も飛越を繰り返すが、ずっと向こう。それでことばたちはいつも宙吊りのまま歪な格好を強いられ、アクロバットな様相を呈するのである。
 「響和国」にいとも容易く辿り着ける空想の翼。それが音楽である。今度の楽旅は彼のことばに宙天を自在に飛び廻れる空想の翼を与えたのだろうか。夢の隊列。ことばは連なりながら一目散にあの場所へと向かう。そう、なつかしいあの場所へ。そうだ、オトとコトバが響き合うモノガタリへと昇華しながら。
(ライナーより一部抜粋)

そう、ここで最も重要なことは云うまでもなく、個々の邂逅を超えた「コトバ」と「オト」の出会いであったのである。「未生音=未だ生まれざる音」という発語には、未來に向かって獲得される「音」というより、原初の記憶の底にある言葉ならざる「言霊」や「響き」が多分に含意されているはずだ。「コトバ」と「オト」が異化しながら提示される大きな時間「時の刻」。それこそ、わたしたちが最もあらわしたかったことにちがいない。だとしたら、音楽はけっして終らない。生まれるべきときを待って、夢幻の裡に形ならざるカタチの変転を繰り返し繰り返しているのかもしれぬ。 2018.1.24


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ