カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
OFF NOTE CD NET SHOP
off note  DISC AKABANA  Katyusha MISORA RECORDS
〈オフノート/ディスク・アカバナー/華宙舎/ミソラレコード/邑楽舎〉CD通信販売
INFO
TEL 03-5660-6498   MAIL info@offnote.org 
[お支払方法]
郵便振替・銀行振込・代金引換・クレジットカード・コンビニ・電子決済
送料無料
TOP > DISC AKABANA/SHIMAUTA

商品一覧

説明付き / 写真のみ

1件〜7件 (全7件)

ASCD-2001 島うた/知名定男

ASCD-2001 島うた/知名定男

3,240円(税抜 3,000円)
沖縄島うたの豊穣を自らの声ひとつ三絃一つで緩急自在に唄い分けて魅せる類稀な歌唱センスと圧倒的な底力。低く深く響く歌声とぎらりと光る三絃の粒立ちが顕現する沖縄の万物、島の宇宙を走馬灯のように映し出す。風狂の謡人・嘉手苅林昌、登川誠仁ら、伝説の島うた名人たちの依鉢を引き継ぐ正嫡は最早、知名定男をおいて他にいないことを万人に知らしめた琉球音楽史上燦然と輝く歴史的名盤。
ASCD-2002 島美らさ/古謝美佐子 

ASCD-2002 島美らさ/古謝美佐子 

3,240円(税抜 3,000円)
沖縄を代表する女流歌人の域に達した観がある古謝美佐子がネーネーズ在籍時に発表した第一作。知名定男のオリジナル作品はじめ、「ナークニー」「かいさーれ」等島うたスタンダーヅ、「白雲節」「今帰仁天底節」等難曲にも果敢に挑戦、すでに大器の片鱗を垣間見せている。これらの歌唱を聴けば彼女が大城美佐子、山里ユキら名人の依鉢を継ぐ逸材であることが即座に理解できる。きらりとひかる秀作。
ASCD-2004 誇 ー八重山の祝のうた/大工哲弘

ASCD-2004 誇 ー八重山の祝のうた/大工哲弘

2,916円(税抜 2,700円)
八重山諸島に伝わる古今の島うたを百曲選んで集成するアンソロジー「八重山百哥撰」第一弾。本作はいにしえより八重山諸島に伝わる「祝い唄」を選んで収録した。大工のおおらかで伸びのある歌声は慶祝の詞を乗せて暗い時代の暗雲を振り払い、とおい未来へと運んでゆく。まさに万物を祝賀する生命の祭り、未来を言祝ぐ「歓喜の歌」だ。時代を超えて人とひとを、過去と未来をいまに繋ぐ奇跡的創唱。
ASCD-2009 賜 ー八重山願いうた/大工哲弘

ASCD-2009 賜 ー八重山願いうた/大工哲弘

2,916円(税抜 2,700円)
初原のうたがここにある。昔うたに込められた"いのり"はこの世を覆う災厄を祓い、いまと未来を繋いでこの世界を浄化できるだろうか。古謡・アヨー「大神酒~中皿ぬアヨー~アヨーぬ物」をイントロダクションに繰り広げられる自然と人、宇宙が交感し交歓する八重山島うたの神髄。共鳴し響き合うもの。それは、いのり、ねがい、ひと、森羅万象、生きとし生けるものへの讃歌。「八重山百哥撰」第二弾。
ASCD-2010 伝 ー風便り 唄便り/大工哲弘

ASCD-2010 伝 ー風便り 唄便り/大工哲弘

2,916円(税抜 2,700円)
南風よ、この想いを届けておくれ。うたに想いをのせて。むかし、うたは人とひとを繋ぎ、過去と未来を繋ぐ全きメディアであった。ここに収められたうたの数々はうたがまだ万能の容れものだった時代の神話、その痕跡を其処彼処に留めている。中でも「いやり節」は黄泉へと旅立った恩人への熱き想いの丈を吐き尽くす絶唱。本作は大工哲弘があなたに贈る南島からのメッセージだ。「八重山百哥撰」第三弾。
ASCD-2011 結 ー八重山の風声/大工哲弘 大工苗子

ASCD-2011 結 ー八重山の風声/大工哲弘 大工苗子

2,916円(税抜 2,700円)
八重山の野山を優しく撫で、海を渡り轟々と鳴り響く風の声を聴け。歌声はひかりと風と一化を遂げる。ひかりは八重山の自然と島人の暮らしを映し、風は先人たちの悲苦の歴史を物語る。この島の人々が科せられた過酷な運命、島ちゃび〈離島苦)。だが、島人はいかなる困難の最中にも夢見、恋する。恋歌の底に沈められたブルーズフーリング。大工哲弘、苗子の歌声で綴られた男女相聞歌集。
ASCD-2012 八重山歌謡全集 / 大工哲弘

ASCD-2012 八重山歌謡全集 / 大工哲弘

16,200円(税抜 15,000円)
琉球謡の第一人者大工哲弘が未曾有のスケールで放つ入魂の八重山歌謡大全。島々につたわる珠玉の謡の数々をあますことなく網羅した決定版がついに登場! 唄三弦はもちろん、録音も担当。全曲解説も大工哲弘自身が手掛けるファン垂涎のアイテム。流して聴くもよし、別売の工工四集(大工哲弘監修)と併せて用いれば八重山歌謡研究の第一資料となること請け合い。耳から目から毛穴から琉球民謡の神髄が沁み込んでくる生きたアンソロジー。琉球民謡史に燦然と輝く金字塔がここに!!

1件〜7件 (全7件)

ページトップへ