カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
OFF NOTE CD NET SHOP
off note  DISC AKABANA  Katyusha MISORA RECORDS
〈オフノート/ディスク・アカバナー/華宙舎/ミソラレコード/邑楽舎〉CD通信販売
INFO
TEL 03-5660-6498   MAIL info@offnote.org 
[お支払方法]
郵便振替・銀行振込・代金引換・クレジットカード・コンビニ・電子決済
送料無料
TOP > 商品検索

商品一覧

説明付き / 写真のみ

1件〜8件 (全8件)

on-46 唄う人/オクノ修

on-46 唄う人/オクノ修

3,024円(税抜 2,800円)
野原に樹ち街角に佇ちて唄う人。うたううたうたいのうた。ひびくことば、とおいメロディ、とこしえのリズム。いまの想いをうたに紡ぎ、夢を吐く。京都のシンガーソングライター、オクノ修。前作『帰ろう』で湛えていた瑞々しい感性はさらに研ぎ澄まされ明澄度を増しながら歌声に深い陰翳を刻む。若々しさと成熟が居心地良く同居する唄の佇まい。うたううたうたい、オクノ修の新境地。
on-49 ボロロック/クーツェ 

on-49 ボロロック/クーツェ 

3,024円(税抜 2,800円)
伝説の歌手、オクノ修を中心にポップス史上特筆されるバンドメンバーばかりで構成された超弩級ユニット。ジャンルも世代も超えた15人が叩き出すしたたかでしなやかなグルーヴ。既存の音楽ではけしてなしえなかった歌とインタープレイの絶妙且つ大胆な全き融合。日本のポップスを進化し深化させようとする持続の意志。クーツェ、この国のポップス分布図を塗り替える前未来志向型バンドの誕生だ!
on-68 ホジキンソンさんの言うことには/オクノ修

on-68 ホジキンソンさんの言うことには/オクノ修

2,700円(税抜 2,500円)
ホジキンソンさんの言うことは聞くな、オクノ修の唄を聴け。
唄声はふたつの場所を往き来する、なつかしさとあこがれと。
記憶の堆積、夢の総量から唄はゆっくりと紡がれ姿を顕わす。
前作「唄う人」から十二年、さらに深みを増した快心の一作。
non-15 こんにちわマーチンさん/オクノ修

non-15 こんにちわマーチンさん/オクノ修

2,160円(税抜 2,000円)
京都の町並みを静かに流れる小川のほとり、珈琲焙煎小屋にて。ギターとこえでゆっくりと紡がれたゆめのつづき…。丁寧に拵えた一杯の珈琲のように深い香りと味わいを閉じこめた珠玉の作品集。唄の合間に小屋の脇を流れる小川のせせらぎがごく自然に聴こえてくる。このせせらぎのように、オクノのしなやかな唄世界は、ときに疲れたこころに沁みこみ優しくそっと包んでくれるだろう。
non-18 街角の唄たち DOCUMENT TAPES 1979-1981/オクノ修

non-18 街角の唄たち DOCUMENT TAPES 1979-1981/オクノ修

2,160円(税抜 2,000円)
街角に一人佇み行き交う唄たちをただひたすらみつめている。夜の通りをことばがメロディをつれてやってくる刹那のキロク。うつろう時の流れにうかんではきえる心象風景をスケッチする。熱っぽさと覚醒が同居する当時の「オルタナティブ・京都」を丸ごと捉えた音世界は今聴いても新鮮。時代を経て成ったオクノ修とその仲間にしか表現し得なかったアシッド・フォークロックの名演集。
non-20 オクノ修

non-20 オクノ修

2,160円(税抜 2,000円)
1972年、自主制作された幻のファーストをオリジナルマスターからリマスタリング。本作では未だ新しい音楽「ロック」のインパクトが京都という音楽的風土のなかに浸透していく過程が克明に捉えられている。録音には裸のラリーズの初期メンバーや先鋭的作風で知られる映画監督の原将人らも参加。70年代のオルタナティブ京都、自由な空気のなかにひりひりした覚醒感がないまざった名作。
non-21 帰ろう/オクノ修

non-21 帰ろう/オクノ修

2,160円(税抜 2,000円)
本作の登場が大きな呼び水となって「喫茶ロック」の静かだが根強いブームが湧き起こる。それまで京都をベースにずっと唄いつづけてきたオクノの唄が俄然注目されたのもそんな時代の要請とシンクロしているだろう。西山靖夫、船戸博史の好サポートを得て唄われる瑞々しい名曲の数々。高田渡から曽我部恵一まで、世代と時代を超えて今も脈々と語り継がれるかくれた名盤が装い新たに蘇る。
AUR-1 てのひらのなかのうた COFFEE SONGS/オクノ修

AUR-1 てのひらのなかのうた COFFEE SONGS/オクノ修

1,620円(税抜 1,500円)
『帰ろう』以来の名コンビ、オクノ修、船戸博史。2005年、北海道でおこなった充実のライブ。オクノのフェバリットライブ、「近年にないくらい、声がよく出ていた」とは本人の弁。京都の光と翳を裁って取り映していたはずのオクノの唄世界が、北海道のひかりと風のなかで一際大きく広がり、七色の光彩を放つ。てのひらにつつまれた一杯の珈琲のようにあったかくてほろ苦くて心和む珠玉の唄たち。

1件〜8件 (全8件)

ページトップへ