カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
OFF NOTE CD NET SHOP
off note  DISC AKABANA  Katyusha MISORA RECORDS
〈オフノート/ディスク・アカバナー/華宙舎/ミソラレコード/邑楽舎〉CD通信販売
INFO
TEL 03-5660-6498   MAIL info@offnote.org 
[お支払方法]
郵便振替・銀行振込・代金引換・クレジットカード・コンビニ・電子決済
送料無料

性の歪みに映るもの / 岡庭昇


性の歪みに映るもの
日本近代文学と身体の倒錯

岡庭昇著

緊縛され歪められた女体に託されたメタファーとは何か。欠損の身体、反自然な肉体の形象はいったいいかなるメッセージなのか。日本近代文学に散見する欠損のリアリティに深く分け入り、権力としての自然規範に本能の奥底で抗った表現者の軌跡を体系化した画期的な労作。広津柳浪、江戸川乱歩、吉行淳之介、川端康成などを再検証しながら、不具・奇形・欠損・異様なるもの、そしてSM文学の変形させられた女体を執拗に凝視し、暗喩としての権力に暗喩としての挑戦を位置づけ、まったく新しい文芸批評の分野を切り開いた。
B6判255頁 青豹書房1987年刊行

目次
性的倒錯に映るもの—日本近代とかくされた身体
闇の文学史覚書—柳浪、乱歩、風太郎をめぐって
肉体なき性—ペニスは幻想である
“変形させられた女体”と文学—性的嗜虐はなにを表現するか
欠損のリアリティ—日本的身体表現のねじれについて
“尻”とはなにか—文化的規範としての女体とその背面
教養小説としての『花と蛇』
姦通の風景—漱石がさぐりあてたもの
虚無を撃つ娼婦たち—川端康成の“浅草もの”を読む
欠損の官能から—勝目梓の読まれ方について
身体を媒介して見出された大衆—山田風太郎、大薮春彦、勝目梓、西村寿行と消費のリアリティ

性の歪みに映るもの / 岡庭昇

メーカー:青豹書房
型番:as-2
価格:

1,800円 (税抜 1,636円)

[ポイント還元 18ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■ 商品説明

緊縛され歪められた女体に託されたメタファーとは何か。欠損の身体、反自然な肉体の形象はいったいいかなるメッセージなのか。日本近代文学に散見する欠損のリアリティに深く分け入り、権力としての自然規範に本能の奥底で抗った表現者の軌跡を体系化した画期的な労作。広津柳浪、江戸川乱歩、吉行淳之介、川端康成などを再検証しながら、不具・奇形・欠損・異様なるもの、そしてSM文学の変形させられた女体を執拗に凝視し、暗喩としての権力に暗喩としての挑戦を位置づけ、まったく新しい文芸批評の分野を切り開いた。

■ 商品仕様

製品名性の歪みに映るもの / 岡庭昇
型番as-2
メーカー青豹書房
製造年1987年

関連商品

購入数

マッカーサーが帰ってきた日 / 平岡正明

1,800円(税抜 1,636円)
コリー・アキノの勝利、いわゆるフィリピン民主革命は、むしろ日本支配を押え直す史上最大のイヴェントにほかならなかった。それはまた、日本占領軍が撤退するにあたってラジオ・テレビを忍者・草のごとく埋めていったアメリカの戦略の開花ではなかったのか。マッカーサーは、テレビという仕掛けの開花においてみごとに蘇ったのだ! 特有の歴史観の上に、みごとに日本メディア社会の本質を浮かび上がらせた平岡正明ならではの、もっとも個性的なテレビ論の登場!

ページトップへ