カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
OFF NOTE CD NET SHOP
off note  DISC AKABANA  Katyusha MISORA RECORDS
〈オフノート/ディスク・アカバナー/華宙舎/ミソラレコード/邑楽舎〉CD通信販売
INFO
TEL 03-5660-6498   MAIL info@offnote.org 
[お支払方法]
郵便振替・銀行振込・代金引換・クレジットカード・コンビニ・電子決済
送料無料

記忘記 note/off note 2020-11-25


ディープステートの噂話

フォークミュージックの面白さは固有の民俗性が表出されているからではない。民俗が根こぎ風に運ばれて同時代の滋養を吸い取りながら世界のあちこちで独自の仇花を咲かせるところだろう。コロナ渦中の現在。ダストボウルの記憶を喚び起こしながら世界を漂流するディアスポラの唄が聴こえるか。

アメリカは混民族の集合であり人種のパッチワークを思わせるがそいつを切り裂いて意識の裂け目から浮かんできた集団的無意識がディープステートの噂話だとすれば根は深い。だがその根っこの暗部を浄化してきたのが草の根民衆の歌声だろう。いま音楽に求められているものこそ集団的浄化作用だと信ずる。

今ごろ桜を見る会とは季節はずれもいいところだ。失策につぐ失策の感染対策を匿すための目眩しかとも思うがそうでもないらしい。森の中に木を隠すのは情報操作の古典的手法だけれども政権そのものが疑惑の森だからね。見慣れた森に季節はずれの桜一本満開でも誰も気に留めやしないさ。ハハノンキダネ。

ディープステートに表象される陰謀論はアメリカが建国以来抱える宿痾だろう。フォークナーが『八月の光』で描き出した白い黒人ジョークリマス像は今日もヤンキー気質の陰画たりうる。WASPもこの国を覆う単一民族幻想も虚構だがそれを牽強付会するためにまことしやかに陰謀は語られる。陰謀には陽謀を。ホワイトアウトしたアメリカンドリーム(いざなぎ景気でもバブル神話でもいいが)のリバイバルにはマルチカラーの未来の物語を。

記忘記 note/off note 2020-11-24

とまらない汽車の行き先

この国の国家モデルは「大本営」以来変わらずブレーキを取り外してアクセルだけを偏執的にチューンナップした変則改造車だ。経済功利の既定路線を突っ走るには適しているが、それ以外の道はまるで走行できないから牛馬にも劣る。それが「GO To」イケイケドンドンのターボエンジンを搭載したのだからたまらない。経済功利のハイウェイを一直線にすっ飛ばして気づけばドツボにはまるなりゆき。「馬鹿がターボでやってくる」一巻の終わり、チョン。ハナからわかってたこととはいえ、馬鹿につける薬なし(可及的速やかにこ奴らによく効く特効薬と馬鹿の感染を予防するワクチンを開発していただきたい)。もしも「Go To」の予算をいつ・どこでも・何度でもPCR検査が無料で受けられる国民皆検査にまわせば「ハンマー&タンス」は成立したはずだという一般常識はかれらの思考の埒外であるらしい。何の脈絡もなく、ふいにうたううたうたい・オクノ修の歌声が浮かんできた。「とまらない汽車が走る あの町この町と ただめぐりゆくだけか 神の意(こころ)のまま」(とまらない汽車)。さて、と。この国の現在において「とまらない汽車」の寓意するものが新型コロナか感染対策か、はたまたこの国の末路かは神のみぞ知る!? 2020.11.24

記忘記 note/off note 2020-11-23

ハンマービートでダンスは踊れるか

いまさらだがGo Toは見直しだそうな。ブレーキの利かぬ公用車・政府の迷走ぶりに中川五郎往年の名曲『腰まで泥まみれ』を思い出す。〽️腰まで泥まみれ だが隊長は叫ぶ 進め!この歌の苦い結末は隊長の号令に背き兵隊は逃げ出し事なきを得る。逃走も闘争。この泥沼から這い出して最初の脱走兵になろう。

この国におけるハンマー&ダンスは相手の足を踏みながら作り笑顔で握手を求める外交手法の踏襲であるらしい。槌を振るえば腰がふらつき故意か過失か大衆の頭上に直撃する大惨事だが経済界とだけは日夜優雅にチークダンスを踊ってらっしゃる。いつかハンマービートが一揆の吶喊に変わらなければ幸い。

記忘記 note/off note 2020-11-13

自縄自縛のアクロバット

これまで政府がPCR検査の拡充を故意にサボってきたのは五輪を是が非でも敢行したかったからだろう。世界中で感染拡大の歯止めがきかないいまも積極的に検査をせず感染者を増やさぬことが開催国の矜持だと信じているのだ。だが有効な予防対策はおろか、検査すらろくすっぽしない国に国際社会の信任は得られるか。国内では五輪開催の露払いとばかり盛大に強盗なんちゃら、アクセル全開に蒸したり急ブレーキかけたり奈落に向かって迷走に迷走を重ねている。バカはコロナに縄をかけたつもりで自分自身が縛られるお粗末。まさに自縄自縛のアクロバットよ。

記忘記 note/off note 2020-04-12

言葉の渇きと響き

先日たまたま書店で出会した菅義偉再刊本を探す老婦人のことを考えている。菅の本を購入しようとする行為の中にはメディアが垂れ流す情報の虚構性をかいくぐって真実に迫ろうとする庶民の必死さが感じられた。長いものに巻かれたい、積極的に騙されたい・誰かに縋りたいというよりは何かもっと切実な、切羽詰まった印象を受けたのである。むろんそれは旧態依然とした制度を肯定し延命する、大衆が陥りやすい陥穽であり錯誤であり倒錯なのだろう。けれども、これもメデイアのプリズムが乱反射して引き起こす一現象なのだから私には笑えない。大衆のアンガージュがたやすく制度に回収され支配を補完してしまう苦いアイロニー。それにしても常態化した与党の無責任発言とは別に野党の言葉もまた綿菓子のように甘く軽い、どこか絵空事でいまひとつ庶民生活者には届かない憾みが残る。むしろいまはそちらの方がより気になると言っていい。私の思念の中で書店の光景とトランプの妄語に熱狂する白人貧困層の姿がオーヴァーラップする。この共同幻想には親和性があり、「共感」という実感をまとっているだけに正体を暴くのは厄介だろう。だがいつかかならず「実感のファシズム」を粉砕し、大衆の魂にインスパイアする生身の言葉を入手しよう。手垢まみれのパブリックイメージを突き抜けた自立と共生が調和するあらたな共同性に資する世界の共時性を貫く共通言語こそを。そのとき、あの老婦人とまたどこかで再会できるだろうか。2020.11.12

記忘記 note/off note 2020-11-11


春歌という挽歌

長いことごぶさたしている知り合いのTさんよりメールが届く。執筆中の論考の出版斡旋の依頼だ。論考の内容はズバリ「春歌」。私にとって興味のないテーマではないが「春歌」がいまはたしてどれほどの人たちに関心を持たれているのかと考えて俄かに思い悩む。現在、大学のコンパなどで「春歌」が歌われることはほとんどないのではないか。私自身、酒場で「春歌」を歌うシーンに出くわすことはほとんどない(80年代頃まではよく見かけた)。最近は新宿ゴールデン街の酒場で年配の人が酔いにまかせて歌うのをごくごくたまに目撃するだけで、春歌が公然と(あるいは秘めやかに)歌われる「場」はほとんど消滅してしまったと言っていいだろう。春歌が「フォークロア」の研究対象となり、春歌を歌う光景が「都市伝説」と化してしまった現在。歌が人間の閉ざされた身体を解放しながら全体へと到る回路は最早閉ざされてしまったのかもしれない。時代の趨勢とはいえ、それはやはり悲しむべきことなのだろう。この国にもかつて肉体(観念の遊戯も含めて)の黄金時代があった。春歌という一時代の挽歌。もしどなたか、Tさんの「春歌」論考にご関心がある出版関係の方がいらっしゃいましたらどうぞお声がけくださいますよう。ご一読の上、ご検討いただけましたら幸甚です。Tさんになりかわりましてよろしくお願い申し上げます。

記忘記 note/off note 2020-11-10


引き裂かれた声の裂け目から

赤と青の葛藤と相剋だけではない。分断がアメリカが本質的に抱える宿痾であり現在の苦悩だったとしてもその裂け目を埋めるようにして多様な大衆音楽が勃興してきたのもまた事実だろう。ブルーズ然り。ジャズは20世紀最大の芸術になった。ガラスの天井の向こうに広がるマルチカラーのアメリカの空よ。

ここ数日、アルバートアイラーの音楽とウディガスリーの歌ばかりを聴いて過ごす。引き裂かれたアメリカの咆哮とダストボウルのバラッドを。1930年代のダストボウルの惨苦は現在のラストベルトの衰退と、60年代ブラックパワーの昂揚・ゲットーからの叛乱は今日のブラックライヴズマターの潮流とオーヴァーラップしながら、私たちに語りかけるものは多い。この二つの間に橋を架けること。ふたつの声を聞きながらずっと問いつづける。極東の小島に居てなおできることはあるかと。

近所の本屋で藤沢周平の文庫本を物色していると「菅さんの本、ありますか?」の声。ハッとして振り向くと年配の女性と店主。「売れちゃったかな」「安倍さんはダメだったけど菅さんはやってくれると思って」。当たり前の話だが巷には菅の本を真剣に読む人って大勢いるんだよな。一体全体、どんな人たちが菅の本を読むのか想像もつかないけれども、すくなくとも私の目の前で話すのは善良そうな庶民の女性とお見受けした。市井の人たちと私自身の心情の乖離を思うが、いくらもどかしくとも俄かに庶民感情にまっすぐ届く言葉を入手でき得べくもない。自らの無力は無力と覚って当面は変わらず、気色悪いものは気色悪い、ダメなものはダメといやまして思いの丈を吐き尽くしてゆくほかあるまい、等身大の言葉で。いつか互いの想いが通う日がくるかもしれぬ。何も購わずに表へ出る。

記忘記 note/off note 2020-11-09


トランプマジックのネタ敗れ

「勝負はまだ終わってない」とトランブはわめく。泥試合が遺恨を残してノーサイドにならない以上その通りだろう。トランブが持ち前の嗅覚のみで嗅ぎ出した「忘れられた人々」とどう向き合い抱擁するかが赤い蜃気楼が消えて青へと移行することの大きな意味ならマルチカラーの共生社会創出を切に願う。

米国大統領選におけるこの国のメディア報道ははからずもテレビ文化人の中の隠れトランプをあぶり出す。選挙結果に弁護士八代が青ざめたり木村太郎が「自棄酒呑みたくなった」と嘆いたり。共和と自民の方が親和性があるって?いつまで対米従属・他力本願でいくのか。たまには真面目に民主主義やれよ。

木村太郎が4年前の大統領選でトランプ当選を当てたのはジャーナリストの嗅覚ではなく単なるトランプ応援団だったのだな。ミイラ取りがミイラになったんじゃなくて最初からミイラだったのか(元祖・隠れトランプ)。ゾンビや魑魅魍魎が跋扈するこの国のメディアの中ならミイラが一体くらい混じってても誰も気に留めやしないさ。

記忘記 note/off note 2020-11-05


赤と青の相剋と紫の予兆

民主主義がその権化たるアメリカにあってさえタテマエだとしても人種も文化も異なる隣人同士が折り合いながら暮らすには必要不可欠なルールだろう。人々が生活の知恵と忍耐で築き上げたタテマエを忘却してホンネを剥き出しにすれば隣人への憎悪が露わになるのは自明だ。開拓時代からやり直せってか?

腐っても鯛か。大統領選の行方を見つめながら米国は壮大な民主主義の実験場だと思わずにはいられない。赤い蜃気楼が夜の帳が降りると紫色に混ざりながら一夜明けて青空が広がってゆく。黄昏と夜明け前の相剋を大統領は「魔法」と驚嘆するがこの混沌をいつか空と大地のごとく赤と青が溶け合う「自由の前触れ」として記憶しておこう。

記忘記 note/off note 2020-11-04


ブルーズの裂け目から

米国大統領選投票が始まった。4年前のドナルドトランプの登場はたしかに「アメリカの夢」の影に隠れた「忘れられた人たち」の存在に気づかせてくれたけれど、この男はその人たちに手を差しのべてもけっして救いはしなかった。ただ、都合よく「取引」に利用し「分断」の尖兵として使役してきただけのように映る。彼の政治(ビジネス)が奏でたのは断じてプアホワイトのブルーズなんかじゃなく「アーリーアメリカン」ミドルクラスが愛好する甘味な夢を謳った流行遅れのバブルガムポップのリバイバル(焼き直し)にすぎなかっただろう。割れたレコード盤のように夢の破片が「現在」に突き刺さり、新しい歌が多くの人々の心に響かなくなったのは悲しむべきことだけれども。間断なくおこなわれてきた世界の改作が人類自らの現在と未来とを軽く引き裂くのはなんとも皮肉だが、立ちすくむことはない。「分断」の裂け目から垣間見えるものこそ複雑怪奇な諸相を顕現する根源の実相なのだから。ならば、目を逸らさずにじっと見据えればいい。そこに獲得されるべき新たな「 混民族共和国」のヴィジョンが逆さに浮かび上がってこよう。そして、そこに現在もこの国(ニッッポン低国)を覆う「近代」という擬制に仮装された封建制の軛もまたオーヴァーラップするはずである。当分の間は選挙結果を固唾を飲んで見守ることになりそうだが、ヤキモキばかりしててもしょうがないから、豊浦志朗『叛乱アメリカ史』でも再読するかな。2020.11.4

ページトップへ