カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
OFF NOTE CD NET SHOP
off note  DISC AKABANA  Katyusha MISORA RECORDS
〈オフノート/ディスク・アカバナー/華宙舎/ミソラレコード/邑楽舎〉CD通信販売
INFO
TEL 03-5660-6498   MAIL info@offnote.org 
[お支払方法]
郵便振替・銀行振込・代金引換・クレジットカード・コンビニ・電子決済
送料無料

AUR-20 かんからそんぐII 詩人・有馬敲をうたう/岡大介 小林寛明


かんからそんぐII 詩人・有馬敲をうたう
岡大介 小林寛明


好評だった『かんからそんぐ〜添田唖蝉坊・知道をうたう』では大正演歌の世界に真っ向から挑み、いにしえの唄に新風を吹き込んだ岡大介と小林寛明。今回の新たな挑戦は、高田渡不滅の名盤『ごあいさつ』で「年輪・歯車」「値上げ」等の自作詩を提供していた京都在住の詩人・有馬敲氏の詩世界。現代詩壇でも高い評価を得ている氏の作品をあつめて一枚のアルバムををつくった。サポート陣も前作の関島岳郎、中尾勘二等に加え、船戸博史、竹田裕美子等が参加。サウンド面でもさらに充実した内容となった。大正演歌、現代詩を現在のものとして自らの「歌声」のなかによみがえらせようとする若き二人の音楽家の飽くなき挑戦に大きなご声援を。2010年作品。

「値上げはぜんぜん考えぬ まさかお会いできるとは思っていなかった。 新宿ゴールデン街での夜はとても素敵な時間でした。中学生の時、初めて歩いた清水坂。あの頃から有馬敲さんの詩の優しさに包まれていた気がします。」(岡大介)

「添田唖蝉坊から高田渡へ。 その反骨の精神と旋律を受け継ぐ岡大介はカンカラ三線で明治・大正演歌、昭和歌謡もうたう若いフォークシンガー。かってのサッカー少年は得意のフットワークを生かして、首都圏のライヴハウス、寄席、施設などを中心に、さまざまな場所で活躍している。NHK教育テレビの「知る楽」という番組でも取り上げられた。 いずれそのうちに、美男子の彼はあなたの前にもスリムな姿をあらわして、現代の世相を風刺するだけでなく、生きるよろこびや意味を歯切れのよい口調で聴かせてくれるにちがいない。」(有馬敲)

岡大介(おか たいすけ):デビュー作『かんからそんぐ 添田唖蝉坊・知道をうたう』(AUR-10)で話題を呼び、全国紙、AMラジオ、FMラジオ、TV(NHKも!)、雑誌、週間誌など、多くのメディアに数え切れないほどたくさん紹介されている。東京都内を中心にライヴハウス、居酒屋、料理店をはじめ、イヴェント出演や施設訪問など、酒を飲める場所、飲めない場所にかかわらず出没、脂にのって大活躍中!

有馬敲(ありま たかし):1960年代後半、『関西フォーク』のムーヴメントに積極的に関わっていた詩人の一人。1970年からは拠点を京都に移し、自分たちをとりまく社会に目を向け、するどい諷刺をわかりやすい言葉で表現し続けてきた。高田渡や岩井宏をはじめとするフォーク・シンガーたちがこぞって彼の詩に曲をつけて歌っている。英語やフランス語など30数か国に翻訳され、海外でも高い評価を得ている。


1. 値上げ
2. 転身=180度回転
3. 飲み会心得
4. 男唄
5. 夢の夢
6. 歌
7. 尻取り唱文
8. 清水坂
9. ひざこぞうのうた
10. だれがこしらえたの
11. ゆあそび
12. 贋金つくり
13. 幸福
14. 会議〈政治家に与える〉
15. 年輪・歯車
16. 禁煙節


楽士:
岡大介(カンカラ三線、ギター)
小林寛明(二胡、ラッパ二胡)
船戸博史(コントラバス)
関島岳郎(チューバ)
中尾勘二(サックス、クラリネット、ドラムス)
熊坂路得子(アコーディオン)
石川祐輝(バンジョー)
竹田裕美子(ピアノ)

解説:中川五郎



[試聴]
10. だれがこしらえたの:




AUR-20 かんからそんぐII 詩人・有馬敲をうたう/岡大介 小林寛明

価格:

2,160円 (税抜 2,000円)

[ポイント還元 21ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

関連商品

購入数

AUR-10 かんからそんぐ 添田唖蝉坊・知道をうたう/岡大介 小林寛明

2,160円(税抜 2,000円)
おおきなゆめ ちいさなさけび。日本に生まれ日本で育った、日本には僕が知らなかったこんなに素敵な歌があった。音楽があった。うたをつくられた唖蝉坊さん&知道さん、教えてくださった高田渡さん、ありがとうございました。微力ながら僕もあなた方が灯した燈りを絶やさないよう、しっかりと歌い継いでまいりますカンカラ、ラッパ、ジンタの調べに乗せて、あの世の果てまで響きわたれ! (岡大介)
購入数

AUR-21 かんからそんぐ鶚−籠の鳥・鳥取春陽をうたう/岡大介

2,160円(税抜 2,000円)
いにしえの唄の数々をいまにつたえる〈かんからそんぐ〉シリーズ第三弾は辻の演歌師から身を興し新興舶来音楽ジャズの手法を換骨奪胎してこの国大衆に見合う歌謡を創出した稀代の音楽家鳥取春陽の世界に若き唄うたい岡大介が真っ向から挑んだ意欲作。 プリミティブな書生節と和製ジャズに表象された初期モダーンの両極に跨がる巨星・鳥取春陽の世界が岡大介の歌声で鮮やかに甦る。
購入数

AUR-25 にっぽんそんぐ〜外国曲を吹き飛ばせ〜 / 岡大介 武村篤彦 仲井信太郎

2,160円(税抜 2,000円)
日本のフォークが好きだった…。50年ぶりの唄の復権。沖縄戦後の即製代用楽器・カンカラ三線一挺で明治大正時代の〝自由演歌〟を見事に現代に蘇らせた岡大介。本作はのカンカラ三線をギターに持ち換えて、〝フォーク〟自らの原点に回帰する。武村篤彦、仲井信太郎ら、気の合う仲間たちの力を借りて満を持して放つ岡大介待望の初自作集が四作目にしてついに登場!
購入数

AUR-12 Our Aurasian Things!/VA [2CD]

2,160円(税抜 2,000円)
オフノート初のコンピレーション。参加者は東京・名古屋・京都・大阪・沖縄・台湾と広範囲におよび、20代から70代までの三世代が同居。内容も唄モノありインストありさまざま。多くは新録音だが、その中に未発表音源や超レア音源、先に逝った人の記録が混じっていたり…。「いま」を基点に時制を自由に飛越しながら描き出そうするぼくたちの音楽響和国。気鋭の音楽家たちが描き出した35の音楽未来図。

ページトップへ