カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
OFF NOTE CD NET SHOP
off note  DISC AKABANA  Katyusha MISORA RECORDS
〈オフノート/ディスク・アカバナー/華宙舎/ミソラレコード/邑楽舎〉CD通信販売
INFO
TEL 03-5660-6498   MAIL info@offnote.org 
[お支払方法]
郵便振替・銀行振込・代金引換・クレジットカード・コンビニ・電子決済
送料無料

MN-101 猫の時節 / 川下直広トリオ2


猫の時節 川下直広トリオ2
the Day of the Cats
Naohiro Kawashita Trio



懐かしいもの が やってきた
<ああ、そうだった、そうだったね>
<ソレカラ><コレカラ>
が 聞こえた 涙が出た
(渡辺勝)

いま、ジャズの初志を聴け。
 白夜の時代を駆け抜け、さらに未来を翔る持続する意志。

90年代の白夜をひたすら烈しく疾駆した砂漠の兵士たち〈フェダイン〉のフロント・川下直広。その盟友でありアングラとポップカルチャーを自在に越境・往来する未曾有の不定型オーケストラ〈渋さ知らズ〉のオーガナイザー・不破大輔。そして幻のインプロヴィゼーションロックバンド〈5000メートルプール〉リーダー・岡村太。東京アンダーグランドの拠点にしてフリージャズの発火点・入谷なってるハウスにおけるある夜の演奏を記録した本作はトリオの“いま”を生々しくつたえる。『猫の時節』、ここにあらわされた音楽たちが物語るのはいくつもの「生死烈々」、時代から時代へと烈しく生き逝ったひとたちと過ごした夜の闇の“なつかしさ”と身を灼くほどに眩しい未来への“あこがれ”とがないまざり渾然一体になったぼくたちの時代のバラッドだ。そう、同時代への「挽歌」と「未来記」。いま、ぼくたちがほしいものは逆境を契機に換える、猫のような「したたかさ」と「しなやかさ」だ。すでに忘れられて久しいジャズの初志、精神と身体がここにある。おい、友よ。川下直広トリオが未だ見ぬキミたちに贈る渾身の音の力を聴いてくれ。5年ぶりなんだ。 2011年作品

1. ヒーリングソング 18:51
2. ピース 11:08
3. ノイローセ 13:38
4. マイワン 16:08

川下直広トリオ:
川下直広 Tenor Sax
不破大輔 Bass
岡村太 Drums


Manufactured by マネキネコ商会 2011


[試聴]
1.ヒーリングソング



MN-101 猫の時節 / 川下直広トリオ2

メーカー:オフノート / マネキネコ商会
型番:MN-101
JANコード: 4571258157038
価格:

2,700円 (税抜 2,500円)

[ポイント還元 27ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■ 商品説明

川下直広トリオ第2作「猫の時節」、ここにあらわされた音楽たちが物語るものはいくつもの「生死烈々」、時代から時代へと烈しく生き逝ったひとたちと過ごした夜の闇の“なつかしさ”と、身を灼くほどに眩しい未来への“あこがれ”とがないまざり渾然一体になったぼくたちの時代のバラッドだ。そう、同時代への「挽歌」と「未来記」。おい、友よ。この渾身の音の力を聴いてくれ。5年ぶりなんだ。

■ 商品仕様

製品名猫の時節 / 川下直広トリオ2
型番MN-101
JANコード 4571258157038
メーカーオフノート / マネキネコ商会
製造年2011年


MEMO 猫の時節 2018

川下直広トリオ第二作となる本作は川下直広主宰・マネキネコ商会から2011年にリリースされた。オフノート作品カタログには「恊働作」がいくつか含まれていて、本作もそのなかのひとつ。これまで川下直広作品を数多くリリースしてきたのは地底レコードで、本トリオ第一作も地底から出ている。オフノートにとって地底は同業他社、いわゆるライバル関係にあるわけで、それがほとんど問題にもならず、融通し合い、即座に「恊働」を実行に移せるのが、紙切れの「契約」や既成概念に束縛されないインディーズのいいところだ。志と志の交換。むろん、このことは地底レコード社主・吉田光利さんのおおらかな人柄に負うところが大きく、感謝は尽きないが。こんな制作の裏事情というのは当事者が語らなければほとんど表には出ないだろうから瑣末ながら綴っておくことにした。
で、本作でわたしが何をしたかというと、ほとんど何もしてない。出来上がったマスターとデザインデータをプレス会社に送ったくらいかな。それと、川下さんに求められてチラシに駄文を寄せたくらいだ。こんな誰にだってできる「ガキの使い」を恩に着て、そのあとも恊働の機会をいくたびもつくってくれた川下直広さん、不破大輔さんの友情(あえてこの語を選ばせていただく)にいまでも胸が熱くなる。
チラシの文をわたしはこう綴った。

いま、ジャズの初志を聴け。
白夜の時代を駆け抜け、さらに未来を翔る持続する意志。

90年代の白夜をひたすら烈しく疾駆した砂漠の兵士たち〈フェダイン〉のフロント・川下直広。その盟友でありアングラとポップカルチャーを自在に越境・往来する未曾有の不定型オーケストラ〈渋さ知らズ〉のオーガナイザー・不破大輔。そして幻のインプロヴィゼーションロックバンド〈5000メートルプール〉リーダー・岡村太。東京アンダーグランドの拠点にしてフリージャズの発火点・入谷なってるハウスにおけるある夜の演奏を記録した本作はトリオの“いま”を生々しくつたえる。『猫の時節』、ここにあらわされた音楽たちが物語るのはいくつもの「生死烈々」、時代から時代へと烈しく生き逝ったひとたちと過ごした夜の闇の“なつかしさ”と身を灼くほどに眩しい未来への“あこがれ”とがないまざり渾然一体になったぼくたちの時代のバラッドだ。そう、同時代への「挽歌」と「未来記」。いま、ぼくたちがほしいものは逆境を契機に換える、猫のような「したたかさ」と「しなやかさ」だ。すでに忘れられて久しいジャズの初志、精神と身体がここにある。おい、友よ。川下直広トリオが未だ見ぬキミたちに贈る渾身の音の力を聴いてくれ。5年ぶりなんだ。

…いま読んでも駄文にはちがいないが、心情はこのときのままいささかも変わらない。これでいいだろう。そう自らに言い聞かせて、試みに1曲目の「ヒーリングソング」を聴いてみる。世にはこの曲名に似た〝商標〟が存在するが、肩に軽く手を置いたり優しく撫でたくらいで、傷ついた人の心が癒せるはずもない。この男たちなら傷ついて血まみれの魂でも手荒くぎゅっと抱きしめ、まるごと慰藉してしまうにちがいない。常在戦場の兵士(フェダイン)の魂がなければ「癒し」など金輪際あり得ぬことは心しておいていい。そして、本作はそんな熱い兵士の殉情に貫かれているだろう。このあと、川下直広・不破大輔・岡村太のトリオに名手・山口コーイチが合流してカルテットとなった。さらに懐深いリズムを入手してついに縁端はひらかれた。快進撃するミリタリズムの装甲車に乗って、川下直広のテナーがひたすら咆哮する。その声がおれにはいつだって「革命せよ!」と聴こえるのさ。そろそろ、川下直広カルテットの二作目が聴きたいな。 

2018.8.19

関連商品

購入数

AUR-2 漂浪者の肖像 SAXOPHONE VAGRANT / 川下直広

1,620円(税抜 1,500円)
フェダインのフロントとしてジャズの常在戦場にあって「自由の前触れ」を吶喊しつづけた歴戦の闘士・川下直広。トリオ解消後、テナー一本引っ提げて漂白する姿を捉えた孤高のライブ集。自身のサックスソロ、渡辺勝・船戸博史とのヴォーカルトリオ、仲間たちとのセッションを通して探していたもの。時代の挽歌を咆哮していた男が彷徨の果てに辿り着いた先こそ「うた」だったのである。
購入数

non-12 エアボーン / 三上寛 川下直広

2,376円(税抜 2,200円)
“野にて虚空を掴む。天空海闊に水紋だけが広がっていく。”(渡辺勝)風に運ばれてここにいる。言葉と音が溶け合いながらひとつになる。ふたつの魂が合一する瞬間を捉えた究極のドキュメンタリ。浪曲定席・浅草木馬亭にて口演はアナーキー「世界漫遊記」の一席。アヴァンギャルドは大衆芸能にどう突き刺さったか。開巻劈頭から怒濤の快進撃。こ、これはにっぽんのアヴァンポップ誕生か!?
購入数 セット

non-17 未生音 pre live / エミグラント [2CD]

3,456円(税抜 3,200円)
伝説の“はちみつぱい”のボーカル・渡辺勝。停滞するジャズシーンを震撼させ続けるフェダイン”のフロント・川下直広。叛乱するグルーヴ“サイツ”の迎撃手・船戸博史。独特のビート感で猛者たちも絶賛する新進ドラマー・城間和広。黄金期の山下洋輔トリオを支え、退団後もさらに深化し続ける・國仲勝男。世代を越境して集結した五人の猛者どもが沖縄を舞台に繰り広げるハードボイルドな音世界。
購入数 セット

on-45 瓶のなかの球体 / フォーク パルチザン [2CD]

3,780円(税抜 3,500円)
方法悪としてのアメリカ。アメリカ〈毒〉を以てアメリカ〈毒〉を制す。アメリカを透かして世界をみる。2003年3月、アメリカのイラク侵攻を契機に制作された2枚組反戦歌/音楽集。アメリカの内側に培われてきたプロテストソングやメッセージソング、草の根民衆の多様な歌声をもって「アメリカ」を撃つこと。花を武器にしてアメリカ「世界画一化」戦略に断固「NO!」を突きつける。
購入数

on-49 ボロロック / クーツェ 

3,024円(税抜 2,800円)
伝説の歌手・オクノ修を中心にポップス史上特筆されるバンドメンバーばかりで構成された超弩級ユニット。ジャンルも世代も超えた15人が叩き出すしたたかでしなやかなグルーヴ。既存の音楽ではけしてなしえなかった歌とインタープレイの絶妙且つ大胆な全き融合。POPの衣裳を纏いつつさらに同時代音楽全体を進化し深化させようとする持続の意志。クーツェ、大衆音楽史を書き替え同時代音楽の分布図を塗り換える前未来志向大型バンドの誕生だ!
購入数

on-69 東京挽歌 / 原田依幸 川下直広

2,484円(税抜 2,300円)
煮えきった腹わた 内臓混合の挽歌  沖至(音楽家) 
千変万化する諸相の深層から血汐滴る核心を抉出し、喪われ死滅しゆく風景の挽歌を奏でるあやかしの音楽。展開し転回する心象のドキュメントを映し出す音像装置。原田依幸と川下直広。二人の演奏は交感する場を喪い、所在なく彷徨う言霊や音霊を演奏の内に喚び起こし鼓舞する。近代150年。千変万化の諸相を示して移ろいゆく魔都・東京の街を活写しながら、寄る辺なき魂たちを鎮める非在の挽歌を聴こう。

ページトップへ