カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
OFF NOTE CD NET SHOP
off note  DISC AKABANA  Katyusha MISORA RECORDS
〈オフノート/ディスク・アカバナー/華宙舎/ミソラレコード/邑楽舎〉CD通信販売
INFO
TEL 03-5660-6498   MAIL info@offnote.org 
[お支払方法]
郵便振替・銀行振込・代金引換・クレジットカード・コンビニ・電子決済
送料無料

non-17 未生音 pre live / エミグラント [2CD]


振り向いた
物語の始まり
エミグラント 夢の隊列
未生の音群
「遠い異国の港町」へと
消えて行く

日本フォークロック史上燦然と輝く伝説の名バンド“はちみつぱい”のボーカリスト・渡辺勝。
停滞するジャズシーンを震撼させ続けた超弩級ユニット“フェダイン”のフロント・川下直広。
リズムの限界をさらに乗り越えてグルーヴするトライアングル“サイツ”の迎撃手・船戸博史。
独特のビート感で、梅酢和時はじめ、猛者たちも絶賛するオキナワの新進ドラマー・城間和広。
南海の律動で黄金期の山下洋輔トリオを支え、退団後もさらに進化し深化し続ける・國仲勝男。
ジャンルを越境し集結した五人の強者どもが沖縄を舞台に繰り広げるハードボイルドな音世界。
2002年作品。

「マサルの音楽はどこか曖昧でゆらりと浮かんでくるが、驚くほど潔く広大だ。
他人の主題を邪魔せぬよう、混乱の雑踏を擦り抜ける素浪人のように身をかわしながらマサルは生きてきた。
マサルは大人の孤独を包み隠すことのできる達人である。」(三上寛)


Disc-1.radio emigre
1.冬の朝
2.土埃
3.金魚
4.東京
5.ラヂオのように-instrumental-
6.昼間から夢のようさ
7.ぼくの手のひらの水たまり
8.逢てよかった
9.ぼくの家
10.夜は静か通り静か

Disc-2.ghost story
1.立ち止まった夏
2.闇に浮かんだ50の音
3.あなたの船
4.君をウーと呼ぶ
5.ゴースト-instrumental-
6.ラストヴァージン
7.「アムステルダム」によせて
8.Truth
9.チャーリーのバー
10.僕の倖せ
11.夜は静か通り静か

Live in Okinawa 25&26th feb 2001 at GROOVE


EMIGRANT:
渡辺勝 Vocal,Guitar,Piano
川下直広 Tenor&Soprano Saxophone,Electric Violin
國仲勝男 Oud,Electric Bass
船戸博史 Contrabass
城間和広 Drums


ライナーノーツ:渡辺勝、神谷一義



[試聴]
Disc-2-1.立ち止まった夏:
<


non-17 未生音 pre live / エミグラント [2CD]

メーカー:オフノート
型番:non-17
JANコード: 4571258152170
価格:

3,456円 (税抜 3,200円)

[ポイント還元 34ポイント〜]
購入数: セット

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■ 商品説明

説の“はちみつぱい”のボーカル・渡辺勝。停滞するジャズシーンを震撼させ続けるフェダイン”のフロント・川下直広。叛乱するグルーヴ“サイツ”の迎撃手・船戸博史。独特のビート感で猛者たちも絶賛する新進ドラマー・城間和広。黄金期の山下洋輔トリオを支え、退団後もさらに深化し続ける・國仲勝男。世代を越境して集結した五人の強者どもが沖縄を舞台に繰り広げるハードボイルドな音世界。

■ 商品仕様

製品名未生音 pre live / エミグラント
型番non-17
JANコード 4571258152170
メーカーオフノート
製造年2002年



MEMO 未生音 2018

2001年、オキナワでおこなった二日間のライブの模様を収めた作品。ここに集結したジャンルも世代も拠点も異なる5人のエミグラントたち。思えばこれほど不思議な集いもないだろう。渡辺勝は東京から、川下直広は福岡から、船戸博史は京都からやって来て、そこに地元オキナワの城間和広が合流し、それまで一所不在だった伝説の音楽家・國仲勝男まで加わったのである(なんて非効率なんだ!)。ゆえに、この編成はけっして「バンド」とは呼べない、一個の音楽家の集合なのだとおもう。ならば、一夜かぎりのジャムセッションか、と問われれば、それにもまた素直に頷くことができない。なぜなら、当の音楽に意志が宿り、カタチを変えながらもエミグラントたちの「夢の隊列」は熄まずに延々とつづくことになるのだから。だが、ここで肝心なのは「容れもの」ではなく、「中身」の音楽であるはずだ。わたしはかつて、本編の主役・渡辺勝の紡ぐコトバのありようと、ここで実現した音楽の連関性についてこう綴った。

 ことばとコトバを繋ぐもの。彼の詞にはいつも何かが足りない。ことばはコトバへ至る中間でいつも宙吊りのままだ。コトバの領域。意味を超えた場所。其処こそ彼が紡ぐ詞が渇仰する「響和国」だ。ことばたちはきっと安住の地に辿り着きたくて幾度も飛越を繰り返すが、ずっと向こう。それでことばたちはいつも宙吊りのまま歪な格好を強いられ、アクロバットな様相を呈するのである。
 「響和国」にいとも容易く辿り着ける空想の翼。それが音楽である。今度の楽旅は彼のことばに宙天を自在に飛び廻れる空想の翼を与えたのだろうか。夢の隊列。ことばは連なりながら一目散にあの場所へと向かう。そう、なつかしいあの場所へ。そうだ、オトとコトバが響き合うモノガタリへと昇華しながら。
(ライナーより一部抜粋)

そう、ここで最も重要なことは云うまでもなく、個々の邂逅を超えた「コトバ」と「オト」の出会いであったのである。「未生音=未だ生まれざる音」という発語には、未來に向かって獲得される「音」というより、原初の記憶の底にある言葉ならざる「言霊」や「響き」が多分に含意されているはずだ。「コトバ」と「オト」が異化しながら提示される大きな時間「時の刻」。それこそ、わたしたちが最もあらわしたかったことにちがいない。だとしたら、音楽はけっして終らない。生まれるべきときを待って、夢幻の裡に形ならざるカタチの変転を繰り返し繰り返しているのかもしれぬ。 2018.1.24


関連商品

購入数 セット

non-9 オレ達の事情 / 四人幇 [2CD]

3,456円(税抜 3,200円)
琉球水滸伝 序之巻 - コトバとオトのモノガタリ。ラディカルなコトバの錬金術師、三上寛。林栄一、國仲勝男、小山彰太、三人の音楽家が奏でる魔法の音楽。コトバとオトが渾然一体となって紡がれる流離譚。超弩級の群体「四人組」ここに誕生 ! 本作は2001年1月、オキナワで行われた二日間のライブを丸ごと収録した。一時代の終焉とあらたな時代のはじまりを記録した歴史的ドキュメント。
購入数 セット

on-36 ×三星天洋〜夏ノ日ニ獏ハ浜辺デ夢見ル… / オドゥン [4CD]

5,400円(税抜 5,000円)
瀕死かつ最高音楽ドキュメント!異文化が交錯するオキナワを舞台に繰り広げられる音楽の異種交配。スピリチュアル・ミステリー・ツアー。音とオトとが時間と空間へと溶け込み、異種交配して胚胎するハイブリッドな「オキナワ・ラグタイム」誕生の瞬間の記録と「多様性の調和」に基づく定点を持たない「楕円型オーケストラ」創出のための作風を先駆けて示したひとつの到達点。4枚組大作。
購入数

on-21とどかずの町で / 渡辺勝

2,592円(税抜 2,400円)
「この映画は風景の映画、心の風景、心象風景という風景画。1990年代という時代の中でこれほど美しい風景を切り取っている眼差しには引き込まれる。」(山本耀司)北海道函館を舞台にすれちがう男女が別々にみるモノクロームの夢を描いて高評を得た大西功一同名フィルムに渡辺勝がピアノだけの美しい音楽を贈った。一切の装飾を排したピアノの音色はモノローグのように心象のドラマを訥々と物語る。
購入数

on-44 アンダーグラウンド・リサイクル / 渡辺勝

3,024円(税抜 2,800円)
孤高の音楽家、渡辺勝が70年代の日本のフォーク&ロック黎明期の名曲を多彩なゲストを迎えてまったく独自の解釈でまとめたオリジナルカバーアルバム。 70年代、うたの豊饒を自らの歩みに重ねていまに蘇らせた奇蹟の力業。まさにソング・リサイクル。地下から滾々と湧き出す叛乱の音群が魔界転生して、この国のポップス正史を塗りかえる。鬼才が綴る音のクロニクル。
購入数

on-54 LOW FISH / 船戸博史

2,700円(税抜 2,500円)
刻の刻をかいくぐる、音の底の底を自在に泳ぎ廻る。コントラバスを担いで音楽の間を往来闊歩する自由人・船戸博史。関島岳郎、中尾勘二の援軍を得て、船戸のベーススタイルをそのまま映した自由闊達でカテゴライズ不能なインストルメンタルミュージックが実現。初リーダー作はマージナルマンに相応しい面目躍如の快作となった。ポスト・コンポステラ、サイツへの第一歩を踏み出した記念碑的作品。
購入数

MN-101 猫の時節 / 川下直広トリオ2

2,700円(税抜 2,500円)
川下直広トリオ第2作「猫の時節」、ここにあらわされた音楽たちが物語るものはいくつもの「生死烈々」、時代から時代へと烈しく生き逝ったひとたちと過ごした夜の闇の“なつかしさ”と、身を灼くほどに眩しい未来への“あこがれ”とがないまざり渾然一体になったぼくたちの時代のバラッドだ。そう、同時代への「挽歌」と「未来記」。おい、友よ。この渾身の音の力を聴いてくれ。5年ぶりなんだ。
購入数

on-69 東京挽歌 / 原田依幸 川下直広

2,484円(税抜 2,300円)
煮えきった腹わた 内臓混合の挽歌  沖至(音楽家) 
千変万化する諸相の深層から血汐滴る核心を抉出し、喪われ死滅しゆく風景の挽歌を奏でるあやかしの音楽。展開し転回する心象のドキュメントを映し出す音像装置。原田依幸と川下直広。二人の演奏は交感する場を喪い、所在なく彷徨う言霊や音霊を演奏の内に喚び起こし鼓舞する。近代150年。千変万化の諸相を示して移ろいゆく魔都・東京の街を活写しながら、寄る辺なき魂たちを鎮める非在の挽歌を聴こう。

ページトップへ