カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
OFF NOTE CD NET SHOP
off note  DISC AKABANA  Katyusha MISORA RECORDS
〈オフノート/ディスク・アカバナー/華宙舎/ミソラレコード/邑楽舎〉CD通信販売
INFO
TEL 03-5660-6498   MAIL info@offnote.org 
[お支払方法]
郵便振替・銀行振込・代金引換・クレジットカード・コンビニ・電子決済
送料無料

on-46 唄う人/オクノ修


野原に樹ち街角に佇ちて唄う人。
うたううたうたいのうた。ひびくことば、とおいメロディ、とこしえのリズム。
いまの想いをうたに紡ぎ夢を吐く。京都のシンガーソングライター、オクノ修。
名作『帰ろう』の透明感にさらに深みと滋味を加えた待望の新作、ついに完成!
2001年、ファースト『オクノ修』(1972)再発と10年ぶりの新作『帰ろう』により再発見された京都のシンガーソングライター・オクノ修。彼を見いだしたのはオール・ドフォーク・ファンたちではなく、彼のデビューを知らない、間に合わなかった世代の若者・こどもたちであった。その事実の中にオクノ修のうたの魅力を解く鍵が匿されている。オクノの唄はフォークやブルーズ、ルーツミュージックのスタイルを援用してなお、単なるコピーに留まらない、決してリバイバルに終わらずにうたが生まれた瞬間の生々しさをそのままに現在に再現するのだ。前作『帰ろう』で湛えていた瑞々しい感性は本作でさらに研ぎ澄まされ明澄度を増しながら、歌声に深い陰翳を刻んでいる。若々しさと成熟が居心地良く同居する唄の佇まい。古い革袋の中で“いま”をしたたかに呼吸する美味酒のように甘くて芳醇な香り高い歌声と爪弾くギター。ごく自然に五感に沁みてくる清澄な空気を醸せる稀有なうたうたいのうたがここにある。2003年作品。


1.風のにほひに
2.きゅうりのさんぽ
3.マリーマリー
4.人生のアラカルト
5.ブルーにこんがらがって
6.くれてゆく街角で
7.川の流れにそって
8.ひびく言葉
9.くれてゆく
10.どうしてここがわかった
11.春
12.やがて船は出てゆくだろう
13. 唄う人
14. できたら僕は


オクノ修 唄、ギター
渋谷毅 ピアノ
船戸博史 コントラバス
高田漣 ペダル・スティール・ギター、ハワイアンギター
中尾勘二 クラリネット
関島岳郎 チューバ



[試聴]
11.春:




on-46 唄う人/オクノ修

価格:

3,024円 (税抜 2,800円)

[ポイント還元 30ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

関連商品

購入数

on-68 ホジキンソンさんの言うことには / オクノ修

2,700円(税抜 2,500円)
ううたううたうたい・オクノ修、12年振り待望のオリジナルアルバム。オクノ修の歌声はいつでも京都の町並を彩り縁どる光と影の象りを記憶の印画紙に丹念に焼き付ける職人技と、辻から辻を吹き抜ける風の通り道を歌いながら闊歩する自由な詩魂を同時にあらわす。本作でオクノが示したのは10代の「追憶」と還暦を迎えた「現在」を描いたふたつの自画像だ。「新宿1969」と「京都2016」。その間をゆらりゆれながら辿ってきたとおい道のりを唄で綴ったオクノ修放浪記。
購入数

non-20 オクノ修

2,160円(税抜 2,000円)
1972年、自主制作された幻のファーストをオリジナルマスターからリマスタリング。本作では未だ新しい音楽「ロック」のインパクトが京都という音楽的風土のなかに浸透していく過程が克明に捉えられている。録音には裸のラリーズの初期メンバーや先鋭的作風で知られる映画監督の原将人らも参加。70年代のオルタナティブ京都、自由な空気のなかにひりひりした覚醒感がないまざった名作。
購入数

non-21 帰ろう/オクノ修

2,160円(税抜 2,000円)
本作の登場が大きな呼び水となって「喫茶ロック」の静かだが根強いブームが湧き起こる。それまで京都をベースにずっと唄いつづけてきたオクノの唄が俄然注目されたのもそんな時代の要請とシンクロしているだろう。西山靖夫、船戸博史の好サポートを得て唄われる瑞々しい名曲の数々。高田渡から曽我部恵一まで、世代と時代を超えて今も脈々と語り継がれるかくれた名盤が装い新たに蘇る。
購入数

AUR-1 てのひらのなかのうた COFFEE SONGS/オクノ修

1,620円(税抜 1,500円)
『帰ろう』以来の名コンビ、オクノ修、船戸博史。2005年、北海道でおこなった充実のライブ。オクノのフェバリットライブ、「近年にないくらい、声がよく出ていた」とは本人の弁。京都の光と翳を裁って取り映していたはずのオクノの唄世界が、北海道のひかりと風のなかで一際大きく広がり、七色の光彩を放つ。てのひらにつつまれた一杯の珈琲のようにあったかくてほろ苦くて心和む珠玉の唄たち。
購入数

non-14 12ソングス/ ビート ミンツ

2,160円(税抜 2,000円)
こころのおくからよみがえってくるキオク。とおくのほうから聞こえてくるメロディ。けっして色褪せることのない12のうたたち。「雑音の中にある愛情表現に胸がときめく。切羽詰まった感情をたなびく風に晒してみるのもいいか、と思い直させる響き。マンドリンとアコーディオンは野立ての風情をかもし出しさえする。開けはなした部屋の窓から入ってくるといいなあ、と思う。」(湯浅学)
購入数

non-15 こんにちわマーチンさん/オクノ修

2,160円(税抜 2,000円)
京都の町並みを静かに流れる小川のほとり、珈琲焙煎小屋にて。ギターとこえでゆっくりと紡がれたゆめのつづき…。丁寧に拵えた一杯の珈琲のように深い香りと味わいを閉じこめた珠玉の作品集。唄の合間に小屋の脇を流れる小川のせせらぎがごく自然に聴こえてくる。このせせらぎのように、オクノのしなやかな唄世界は、ときに疲れたこころに沁みこみ優しくそっと包んでくれるだろう。
購入数

non-16 ミントスリーピン

2,160円(税抜 2,000円)
ユメとウツツのあいだをゆらゆらと揺れ動くエモーション。かわいた風が運んだことばのかけらをあつめてこしらえた丘の上の音楽。1981年録音。メンバーにビッケ、福島健等、関西パンクの申し子を擁してバンドカラーはパンク/ニューウェイブ色を強めている。クールに乾いたサウンドの隙間から浮かび上がるオクノの歌声に時代を超えたエモーションが強く感じられる。時代を超えた貴重な記録。
購入数

non-18 街角の唄たち DOCUMENT TAPES 1979-1981/オクノ修

2,160円(税抜 2,000円)
街角に一人佇み行き交う唄たちをただひたすらみつめている。夜の通りをことばがメロディをつれてやってくる刹那のキロク。うつろう時の流れにうかんではきえる心象風景をスケッチする。熱っぽさと覚醒が同居する当時の「オルタナティブ・京都」を丸ごと捉えた音世界は今聴いても新鮮。時代を経て成ったオクノ修とその仲間にしか表現し得なかったアシッド・フォークロックの名演集。
購入数

on-49 ボロロック / クーツェ 

3,024円(税抜 2,800円)
伝説の歌手、オクノ修を中心にポップス史上特筆されるバンドメンバーばかりで構成された超弩級ユニット。ジャンルも世代も超えた15人が叩き出すしたたかでしなやかなグルーヴ。既存の音楽ではけしてなしえなかった歌とインタープレイの絶妙且つ大胆な全き融合。日本のポップスを進化し深化させようとする持続の意志。クーツェ、この国のポップス分布図を塗り替える前未来志向型バンドの誕生だ!
購入数

on-44 アンダーグラウンド・リサイクル/渡辺勝

3,024円(税抜 2,800円)
孤高の音楽家、渡辺勝が70年代の日本のフォーク&ロック黎明期の名曲を多彩なゲストを迎えてまったく独自の解釈でまとめたオリジナルカバーアルバム。 70年代、うたの豊饒を自らの歩みに重ねていまに蘇らせた奇蹟の力業。まさにソング・リサイクル。地下から滾々と湧き出す叛乱の音群が魔界転生して、この国のポップス正史を塗りかえる。鬼才が綴る音のクロニクル。
購入数 セット

on-45 瓶のなかの球体/フォーク パルチザン [2CD]

3,780円(税抜 3,500円)
方法悪としてのアメリカ。アメリカ〈毒〉を以てアメリカ〈毒〉を制す。アメリカを透かして世界をみる。2003年3月、アメリカのイラク侵攻を契機に制作された2枚組反戦歌/音楽集。アメリカの内側に培われてきたプロテストソングやメッセージソング、草の根民衆の多様な歌声をもって「アメリカ」を撃つこと。花を武器にしてアメリカ「世界画一化」戦略に断固「NO!」を突きつける。
購入数

AUR-12 Our Aurasian Things!/VA [2CD]

2,160円(税抜 2,000円)
オフノート初のコンピレーション。参加者は東京・名古屋・京都・大阪・沖縄・台湾と広範囲におよび、20代から70代までの三世代が同居。内容も唄モノありインストありさまざま。多くは新録音だが、その中に未発表音源や超レア音源、先に逝った人の記録が混じっていたり…。「いま」を基点に時制を自由に飛越しながら描き出そうするぼくたちの音楽響和国。気鋭の音楽家たちが描き出した35の音楽未来図。
購入数 セット

AUR-1-6 JUST A NORTHERN SONG 夢の隊列 2005 [6CD]

8,000円(税抜 7,407円)
1994年発足から十年余り。音楽の<予兆>と<記憶>の時制を自在に翔け廻りつづけてきたきた前未来音楽集団・オフノート。その精鋭たちが北の大地にやってきた。うたと音楽を携えて−。ジャンルも世代も異なりながらもひとつの時代を築いてきた猛者達。北の大地に集結して、かれらが語り合ったこととは、一体なにか。エミグラント達がつくる一夜限りのラ−モネードの饗和国の夢。ライブ6枚組。

ページトップへ