カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
OFF NOTE CD NET SHOP
off note  DISC AKABANA  Katyusha MISORA RECORDS
〈オフノート/ディスク・アカバナー/華宙舎/ミソラレコード/邑楽舎〉CD通信販売
INFO
TEL 03-5660-6498   MAIL info@offnote.org 
[お支払方法]
郵便振替・銀行振込・代金引換・クレジットカード・コンビニ・電子決済
送料無料

on-70 [銀盤 まばたきブック2] ダ世界 ー地球へ下りて行こう / 鈴木翁二


A遠なるオージ宇宙。谺するコトバとオトのこくうものがたり。
漫画表現の極北に挑み独自の宇宙を造型した工作者・鈴木翁ニ。
因果交流電燈に照らされ刻一刻と千変万化する心象の影絵芝居。
A遠の未完成幻想曲・第四次銀河交響詩第二番「ダ世界」を聴け。
『未明の歌』から十四年、「銀盤 まばたきブック」第二弾登場。

70年代カウンターカルチャーの一翼を担った月刊漫画誌『ガロ』を主戦場に漫画表現の極北に挑み、「スズキオージ・コスモス」とでも呼ぶべき独自の小宇宙を力ずくで造型した工作者・鈴木翁ニ。前作『未明の歌』から14年ぶりの「銀盤 まばたきブック」第二弾。冒頭のインスト一曲をのぞき全編をオリジナル楽曲で固め、さらに異彩を放っている。「ダ世界」「銀青」「少年」「赤錆」「新宿」等佳曲がずらりと並ぶ中、原田依幸・川下直広・不破大輔、三人の猛者が共演した13分におよぶ自作朗読「口笛を吹く場所」は音と言葉が相乗しながら1967年、騒乱の巷・新宿の夜の情景を鮮やかに浮かび上がらせるジャズ原初の喚起力と跳躍力に充ち満ちて圧巻。ジャンジュネ『泥棒日記』をも彷彿とさせる渾沌と波瀾の自分史を唄で綴った青春遊泳ノート。スズキオージ宇宙から地球の片隅・ダ世界に落ちてきたジギーならぬオージ・スターダストの相貌がくっきりと見えてきたぞ。2018年作品




 『ダ世界』のダには、駄馬とか駄玩具とか云うときの駄を宛てこめた。堕落の堕ではなく。駄馬とは夕日をしょって、冷や汗をかいて、歯軋りしてゆききする人のことだ。不調和に疲れた体と心とを裏返して土砂降りで洗濯したいと希っている。そんな駄馬の人の瞳でさえもニブく輝くときがある。心の中は対立も焦燥も一時的であれ消えて、外界が穏やかな何かの層に包まれて見えるときー街は駄玩具の街になっている。
…イイケシキだねい!と瀬戸物鑑定団が言うとき、それは心の景色のことである。そして、それが駄玩具的世界観である。綜合の意味づけからの心の開放だ。ある夕景の灯火の有り様が、恰も、空転を恐れぬ感官の自己運動する姿であるかのように人に見えたのなら、それは心象風景だ。そのとき人の内心は愚行の直後のように自由でガランと寂しい筈だ。心象風景は内省ではないから、内省の動機である他人の影が見当たらぬゆえ。この自由と寂しさは言葉を知らない人の自由・忘れた人の自由と寂しさといえるだろう。
(鈴木翁二・ライナーノート「ダ世界のダ」より一部抜粋)


収録曲:
1.悲しき雨音
2.地球へ下りて行こう 
3.ダ世界� 
4.銀青
5.天使を一羽  
6.少年 
7.赤錆 
8.ゆきを見ていたジョニー
9.海どり 
10.赤い手袋 
11.新宿  
12.口笛を吹く場所 
13.ダ世界� 

All Songs by 鈴木翁二
except track1 music by John C Gummoe


歌と演奏:
鈴木翁二 歌、ギター、朗読、口笛
関島岳郎 チューバ、グレートバスリコーダー 
中尾勘二 クラリネット、バスクラリネット、トロンボーン、アルトサックス
船戸博史 コントラバス
桂牧 アコーステック&エレキギター、エレキベース、シンセサイザー、パーカッション
向島ゆり子 ヴァイオリン、ピアニカ
三木黄太 チェロ
服部将典 コントラバス
吉田悠樹 二胡、ピアニカ、マンドリン
原田依幸 ピアノ
川下直広 テナーサックス
不破大輔 コントラバス


ジャケット画 鈴木翁二 デザイン 藤原邦久

デジパック仕様・豪華28頁ブックレット
歌詞・ライナー文・鈴木翁二オリジナル画満載

2018年12月25日発売・ご予約受付中


[試聴]
3.ダ世界 �



on-70 [銀盤 まばたきブック2] ダ世界 ー地球へ下りて行こう / 鈴木翁二

価格:

2,700円 (税抜 2,500円)

[ポイント還元 27ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

<

関連商品

購入数

on-53 [銀盤 まばたきブック1] 未明-よあけ-の歌/鈴木翁二

2,700円(税抜 2,500円)
トランスヒマラヤゆくひとは夜風遣いのひとさらい。ウタとオトとカタリが溶け合って銀河の四つ辻交響する。漫画表現の極北に挑み「スズキオージコスモス」とでも呼ぶべき独自の小宇宙を力ずくで造型した工作者・鈴木翁ニ。まぼろしの私家版カセット『二〇世紀家出の歌』に代表作「サーカスのころ」「マッチ一本の話」「街道の町」等、代表的作品の自作朗読+音楽を加えて構成された音楽作品集。
購入数

AUR-6 ラモネード響和国 / 鈴木翁二&6月25日自由的傾向音楽隊

1,620円(税抜 1,500円)
70年代、『ガロ』を主戦場に独自の作風で漫画表現に新たな地平を切り拓いた天才・鈴木翁二。珠玉の作品群をそのままトレースしたかのようなパンク歌謡の全貌がついに明らかに。2005年の北海道で行われこのたライブはモノクロームな翁二宇宙の発する光線が極彩色の束となって屈折しながら氾濫するラムネ響和国だ。音楽においても鈴木翁二が稀有な表現者であることを実証するライブアルバム。
購入数

on-55 kirakira―そっと夜の国/ウタタネ

2,700円(税抜 2,500円)
ウタタネは薄花葉っぱの下村よう子、宮田あずみ、坂巻さよと小暮はな、水晶(みあき)によって結成されたガールズユニット。本作は記念すべきファーストアルバム。収録楽曲のほとんどは伝説の漫画家・鈴木翁二の手になるオリジナル曲。珠玉の楽曲群にかくされた「宇宙」と交信するヒミツの暗号。銀河との交感はとびっきりサイケでどこかロマンチック。明けの明星みたいにキラキラ光る。
購入数 セット

AUR-1-6 JUST A NORTHERN SONG 夢の隊列 2005 [6CD]

8,000円(税抜 7,407円)
1994年発足から十年余り。音楽の<予兆>と<記憶>の時制を自在に翔け廻りつづけてきたきた前未来音楽集団・オフノート。その精鋭たちが北の大地にやってきた。うたと音楽を携えて−。ジャンルも世代も異なりながらもひとつの時代を築いてきた猛者達。北の大地に集結して、かれらが語り合ったこととは、一体なにか。エミグラント達がつくる一夜限りのラ−モネードの饗和国の夢。ライブ6枚組。
購入数

on-49 ボロロック / クーツェ 

3,024円(税抜 2,800円)
伝説の歌手、オクノ修を中心にポップス史上特筆されるバンドメンバーばかりで構成された超弩級ユニット。ジャンルも世代も超えた15人が叩き出すしたたかでしなやかなグルーヴ。既存の音楽ではけしてなしえなかった歌とインタープレイの絶妙且つ大胆な全き融合。日本のポップスを進化し深化させようとする持続の意志。クーツェ、この国のポップス分布図を塗り替える前未来志向型バンドの誕生だ!
購入数

AUR-1 てのひらのなかのうた COFFEE SONGS/オクノ修

1,620円(税抜 1,500円)
『帰ろう』以来の名コンビ、オクノ修、船戸博史。2005年、北海道でおこなった充実のライブ。オクノのフェバリットライブ、「近年にないくらい、声がよく出ていた」とは本人の弁。京都の光と翳を裁って取り映していたはずのオクノの唄世界が、北海道のひかりと風のなかで一際大きく広がり、七色の光彩を放つ。てのひらにつつまれた一杯の珈琲のようにあったかくてほろ苦くて心和む珠玉の唄たち。
購入数

AUR-2 漂浪者の肖像 SAXOPHONE VAGRANT/川下直広

1,620円(税抜 1,500円)
フェダインのフロントとしてジャズの常在戦場にあって「自由の前触れ」を吶喊しつづけた歴戦の闘士・川下直広。トリオ解消後、テナー一本引っ提げて漂白する姿を捉えた孤高のライブ集。自身のサックスソロ、渡辺勝・船戸博史とのヴォーカルトリオ、仲間たちとのセッションを通して探していたもの。時代の挽歌を咆哮していた男が彷徨の果てに辿り着いた先こそ「うた」だったのである。
購入数

AUR-3 Q-ヲンラヂヲ Q-ON RADIO/ローフィッシュ

1,620円(税抜 1,500円)
LOW FISH。船戸博史のソロアルバムのタイトルが中尾勘二、関島岳郎を擁するバンド名に昇格。音楽もオリジナル、カバー曲にも一本筋が通ってさらに一体感を強めている。2005年におこなった北海道でのライブを収録した本作では向島ゆり子をゲストに迎え、彼ら流の「無国籍サウンド」を展開している。懐かしくてそれでいて新しい、どこか人なつこくって不思議と切ない、ともだちのような音楽。
購入数

AUR-4 星の栖家 plays COMPOSTELA

1,620円(税抜 1,500円)
星の原っぱであそぶ。2005年、北海道ライブでの収録した、向島ゆり子、関島岳郎、中尾勘二による「旅する音楽」集。演奏曲はコンポステラ、ストラーダのレパートリを中心にセレクト。ゲストに船戸博史、福井岳郎のサポートを得て音楽はさらに路上性を強く喚起する。篠田昌已亡きあと、最早、再演不可能と思われていたコンポステラ「反射する道」「最初の記憶」が在りし日の感動そのままに甦る。
購入数

AUR-5 ヨアケノウタ/碧エルテル

1,620円(税抜 1,500円)
2005年、北海道で行ったライブの記録。演奏曲のほとんどが本作の語り部であり、孤高の音楽家・渡辺勝のオリジナル曲だが、港町の潮風に晒されて演奏が昂揚するにつれ、コトバの内奥に匿されていた「異国性」がじわっと分泌される。高田渡逝去直後だったため、故人の楽曲も演奏。だが、それは逝った人への挽歌ではなく、その先を往く者の意志を表す行進曲「ヨアケノウタ」のように響く。

ページトップへ